なぜ、

受診しやすいクリニックなのか?

糖尿病専門医の診察や治療を受けたいと思った時、医療施設のシステムの効率が悪いと何時間も待たされ、医師と会って話しができるのは数分というケースが、未だに日本では多いようです。

HDCアトラスクリニックでは、そうした日本の古いシステムを見直し、待ち時間を短くし、医師と話しができる時間を長くし、患者様も医師側も、両方にとって時間を効率よく活用し、医療レベルが高い治療法をご提案いたします。

その場合、最も重要視しているのが、「コンタクトタイムを確保していく」という考え方です。

糖尿病のような慢性疾患の治療において、患者ー医師とのコンタクトタイムが多いほど、血糖コントロールが良くなることは、よく知られております。そのため当院では、待ち時間を使い、採血後すぐに血圧、HbA1c、血糖値を患者さんがチェックできるようにしました。診察室に呼ばれるまでの間に、患者様がご自身の現状を分かっていますから、医師と会ってから話しをする時には、患者さんが整理した内容を、端的に医師に相談でき、一方、医師、あるいは糖尿病療養指導士資格を持つナース達も、患者様に、より深いレベルのアドバイスができるようになります。

こうしたちょっとした工夫が、クリニックの受診スタイルを大きく変え、医療レベルの高い、受診しやすいシステムを提供できているわけです。