​都心の中心、東京の中心、日本の中心

東京のみならず、日本でもトップレベルの糖尿病外来を目指しています。

場所は東京、都心の中心にあります。新幹線東京駅からも近いことから、

日本中から受診者が訪れます。最近では海外の受診者も、顕著に増えています。

高い水準でありながらも、待ち時間が短い外来で、ベテランの医師(糖尿病専門医)から指導をうけるシステムを目指しています。

鈴木医師が院長です。入江医師(慶応大学医学部、講師)江本医師(日本医科大学、医学部、教授)は、各地の有名な病院で外来をもつベテラン医師です。

 

丁寧で、ハイレベル、かつ、スピーディな医療をご提供いたします。 糖尿病の基礎教育については、鈴木医師の書籍をお読みいただくことにより、十分な糖尿病の知識を得ていただくことをお願いしています。外来患者様の多くは、ネットで検索して当院を見つけたり、鈴木医師の書籍の愛読者が多いのが当クリニックの特徴です。

米国にはIDCという有名な糖尿病センターがあります。糖尿病専門医に対するアルゴリズムを普及させている有名な施設です。 彼らのアルゴリズムよりも、もっと優秀なアルゴリズムを創りたい、日本で創りたい、都心の中心の半蔵門で創りたい、できれば、Hanzomon(半蔵門) にあるDiabetes Center(糖尿病センター)にしたい、というのが院長の希望です。

international diabetes center