AGA外来

AGA(男性型脱毛症)外来とは?

男性型脱毛症(英語名ではAGA と言います)にお悩みの方で、内服薬(5α・還元酵素阻害剤、日本では薬剤名:フィナステリド)の投薬をご希望される場合、その説明と処方を行います。この内服薬フィナステリドは、厚生労働省の方針で保険がききません。その為、皆様にできるだけ安価な料金でご利用いただきたいという主旨で、当院での治療を開始することにいたしました。

フィナステリドは脱毛症の内服薬です。詳しくは、AGAの専門解説サイトがありますので、参照ください。(提供:万有製薬)

 

自費負担の医療

フィナステリド錠は保険適応外薬剤のため、自費負担です。初めて当院を受診される方は初診料2,000円(税込2,160円)となります。再診料(処方料)は1,500円(税込1,620円)です。

 

東京近郊では、かなり安価な価格設定

フィナステリド1錠(1mg)あたりの価格は214円。1ヶ月分28錠で6,000円(税込6,480円)です。

腫瘍マーカー、PSA測定のお勧め

フィナステリドを服用すると血中PSA値が約50%低下し、前立腺癌の早期発見に障害となる場合があります。その為、ドックなどで服薬開始前2ヶ月以内にPSAを測定している方を除いては、フィナステリドを服用前にPSA測定をお勧めしています。この場合のPSA測定は自費扱いとなり3,200円(税込3,456円)です。また服用後6ヶ月目に効果判定をかねてPSAの再測定をお勧めします。